弁護士というと一般的にお金持ちのイメージがあります

弁護士というとたくさんの知識が必要となる職業というイメージがあります。その知識とは座学で学ぶ憲法、法律、民法などの規則であったり、話す相手を手の中に収めるための話術であったり、はたまた幾多の人々と会話できるためのいろいろな基礎知識であったりなどです。そのためか、弁護士の方は大変に頭がよいか、もしくは知識が豊富であり、かつ勉強熱心な方が多いのかな?と思います。またそのため、ご父母の方々が中流階級以上の方であり、幼少期からそれなりの教育を受け、言い方は悪いですが金銭面では「ぬくぬく」と育ったのでは?と思わなくはありません。中流家庭の比嘉美香のかもしれませんが。。ただし昨今弁護士の数もあふれていると聞くことがあります。またそのため報酬の低い仕事につかざるを得ない方がいる、そのうちの1つとして金利返還手続きをされる方が多い、ともお聞きします。そのため、このイメージは最近においてはあまり当てはまらないのかな?と思います。ただし一度根付いたこのイメージが世の中からなかなか払しょくされない、というのは弁護士、弁護士以外双方において不幸だと感じます。思うに昔のイメージ、「弁護士」という硬いワードが原因のように思います。横文字を奨励するわけではありませんが、別の名前に切り替えていく、ということで改善するのでは?と思います。