敷居が高いと感じていたが。

今まで、弁護士という職業は自分とは開け離れた職種である事から、
勝手に賢い次元が違うなどとの思い込みがありましたが、
今まで接する機会のあった弁護士はそれほど賢ばらず、割と気軽に話せる方が多かったですが、
肥後橋付近の有名な弁護士ではまったく雑談や余計な話など横道に逸れることは先ず無いです。
 あと感じたのは弁護士はあまりこちらの言う事は聞きません。悪い意味ではありませんが
忙しいのと30分幾らと時間費もあるので無駄話で無駄な時間を消費する事無く、
有効に使うためと思います。
凡人はすぐ横道に逸れてしまいます。
弁護士事務所も代表されている弁護士の人柄によって、ドアを開けた瞬間、重ぐるしい事務所もあれば、
何も感じない事務所もあり人によってこうも違うのか?!と感じました。
仕事を依頼し、通常は最初に面談して、あとは電話連絡が大半ですが、
要所要所で電話では済まない要件は事務所へ来るように言われますが、普通営業なんかだと、
訪問日時を合わせて来てくれますが、弁護士はこちらから出向くのか。と思ったことがあります。
時間かけて出向いて結果論ですが「え?!これなら電話で済むんじゃ・・・」と思うような事もありました。
いろいろ書きましたが、私は有難い事に良い先生に巡り合っており有難い限りです。