ステイタスのある弁護士の仕事とイメージ

弁護士は、そのスキルが素晴らしいゆえにとても評価される、知名度の高い、ステータスのある職業です。子供のあの法律問題を任せられる大阪で話題の弁護士なら多くの国民が関心を持つ裁判において良い結果を出すと、その裁判の経過や結果だけでなく、どの弁護士がついてサポートしたのが、その人のことがマスコミに取り上げられることは少なくありません。凄腕で敏腕、切れる、有罪と思えた裁判で無罪を勝ち取った、そんな部分が注目されるのです。成果を出す事に、ますます大きな事件での弁護を依頼されるようになっていきます。
このような華やかで注目される職業であると同時に、最近はお茶の間のテレビでの弁護士の露出が増えるようになり、やや堅いイメージがソフトになってきたようにも思います。そしてそうした番組を見ていると、弁護士というのは、法律の専門家ですが、どのようにも解釈ができる部分が多く、正邪を判断するのは実に難しいと感じます。本人たちが一番それをわかっていて、人間が作った法律ですし、これまでにないような事件が多く起きるようになっているため、グレーゾーンのような感じになっているのです。弁護士は勉強し続けなければなりませんし、時代に沿った見方をする必要があります。全体的に高齢の弁護士が多いイメージで、若くて頭の良い弁護士が目立ってくると良いのではと思います。